ガラスに貼ったシールやテープなどのはがし方について。

カッターの刃で一気にはがす

ガラスに貼ったシールやテープを取る時、
多くの場合↑↑ のような専用のカッターを使ってはがします。

カッターを手に持ち、刃をガラス面に直角に近い角度で当てて、
縦方向に「切る」ようにシールをはがします。


↑↑ これがそのカッター。ずっと使っているので妙に使用感ありますが(汗。 ↑↑


↑↑ 画像のカッターの刃はかなり劣化していますが、使用の際は必ず新品刃を使いましょう。
ただこれはかなり危険な道具です。これで手指を深く切っている人を多数見てきています。
購入や使用の際は、子どもの手の届かないところへの厳重保管を徹底してください。


また、すべてのガラスにこの方法が使えるわけではありません。
書いておいてなんなのですが、実はこのやり方は一般的にあまりお勧めできないです。
(近年はガラス表面に特殊加工などが施されているガラスも多いのです。)
そういったガラスにカッターの刃を当てるとガラス表面に致命的な傷がついてしまい、
修復不可能なので、ガラスそのものを交換しなくてはいけなくなってしまいます。


これらのカッターを使えないガラスのシールをとる場合、
市販のスプレー式のりクリーナー(3Mなんかのやつ。ホームセンターで購入できます)
を吹きつけた後、ラップなどで覆いしばらくおいて、のりが充分柔らかくなってから、
樹脂性のヘラなど(これもホームセンターで購入できます)で、大部分ののりをかきとります。
これを必要に応じて繰り返し、最後はウエスなどで拭き取ってください。


ハウスクリーニングは、できる業者選びが重要。完全無料⇒ズバット ハウスクリーニング比較

Copyright© 正しい窓ガラスの拭き方 2007-2012 All Rights Reserved.